東京中央建物

2015年6月の記事

顔が新しくなりました。

エレベーターを降りると

kannbann.JPG

6月最後の日

今年も半年が終わります

皆さんはどんな半年でしたか?

私はすべて平穏無事の半年ではありませんでしたが、新しい局面を迎えて、組織変更や半年をかけて出来上がったHPと仕事もほぼ順調に来ました、

やっぱりリーマンショックを生き抜いてきた底力は伊達じゃないよ(笑)

それと この半年間は心底腹を立てて怒ったことや怒鳴ったこともなく、日々穏やかに過ごすことが出来ました。

さて 明日7月1日からの半年は「仕事」に「遊び」に全力投球して、生きていた証の歴史を毎日大切に刻みます。

上手な生き方は、何かをきっかけに改め自分なりの階段を上ること
半年を区切りにして、それをきっかけにジャンプするのも良いのでは!
変わったねって言われるかもしれないよ

銀座アルカビル

003.JPG

ブログをはじめてその反応がないのは、返信コメントを書くことがないので楽なのですが
ちょっとさびしい気がします。

「いいね」 くらいあっても良いかな~

不動産は相続税対策として有効(お勉強コーナー)

1、不動産は相続税対策としていい?

不動産は、相続税の計算基準となる評価額は現金の評価額より低く評価されます。

具体的には、同じく投資商品として有価証券に投資した場合、有価証券の評価額は時価で評価されるに対し、不動産は時価の約3割程度で評価されることになります。

そのため、相続税が少なく抑えることができ、相続税対策として購入することにメリットがあるといえるでしょう。

2、相続税の計算方法

(1)相続税の計算方法

相続税は以下の計算式にて計算することができます。

「相続税額=(全ての財産額--基礎控除額)×相続税率」

(2)基礎控除額の計算方法は?

① そもそも基礎控除額とは

そもそも基礎控除とはどのようなものでしょうか。

財産を相続したから相続税がかかるだと思っている方は多くいらっしゃるようですが、実は、相続税は相続した財産が一定額を超えた場合に初めて発生します。

つまり、一定額以内であれば発生しないとのことです。

基礎控除額とは、その一定額のことを言います。

例えば、相続する財産の全額が1億円の場合、相続税がかかるのは1億円全額ではなく、「1億円--基礎控除額」の金額になります。

つまり、基礎控除額が大きければ課税される金額も少なくなります。

② 税制改正前の相続税の基礎控除額の計算方法

では、基礎控除額はどのように計算されるでしょう。

まず、2014年12月31日まで、税制改正前の相続税の基礎控除額を見てみましょう。

以下の計算式にて計算することができます。

「5,000万円+1,000万円×相続人数」

なお、最高税率は「50%」となります。

税制改正後の相続税の基礎控除額の計算方法

一方、2015年1月1日以後、つまり税制改正後の相続税の基礎控除額は縮小され、以下の計算式にて計算することになります。

「3,000万円+600万円×相続人数」

なお、最高税率もアップされ「55%」となります

④ 基礎控除額のシミュレーション

例えば、同じく相続財産は1億円で、相続人が1人の場合

■ 税制改正前に相続税がかかる金額

「1億円--(5,000万円+1,000万円×1)=4,000万円

■ 税制改正後に相続税がかかる金額

「1億円--(3,000万円+600万円×1)=6,400万円

なんと、税制改正によって相続税がかかる金額は「2,400万円」も多くなります。

(3)相続税のシミュレーション

① 税制改正前に支払う相続税額

4,000万円×20%--200万円=600万円

② 税制改正後に支払う相続税額

6,400万円×30%--700万円=1,220万円

③ 結果

税制改正前よりなんと「620万円」ほぼ2倍の相続税を支払うことになります。

3、なぜ不動産は相続税対策として有効?不動産の相続税の仕組みについて

財産を現金や有価証券で相続する場合は、時価に対して課税対象であるため金額も高くなります。

しかし、不動産を相続する場合、時価ではなく、「固定資産台帳や路線価」などから算出した評価に対して課税となりますので、納める相続税額が少なくなる傾向があるので、他の資産よりも相続税の節税対策になるとされています。

(1)土地の評価額

土地は一般的には国税庁が定めた路線価に基いて、路線価の80%程度の評価額となります。

例えば、路線価の評価が1,000万円の土地の場合、相続税での評価額は「1,000万円×0.8=800万円」になります。

(2)建物の評価額

建物の評価額は一般的には固定資産課税台帳に記載している固定資産税評価額に基いて評価します。大体建築費用の50〜60%で評価されることが多いです。

例えば建築費用が2,000万円の建物の場合、相続税での評価額は「2,000万円×50%=1,000万円」になります。

(3)賃貸による借家権割合で建物の評価額は更に減額

不動産が投資不動産として第三者に賃貸することで、建物の評価額が更に30%控除されることになります。

例えば、上記②の建物の評価額は更に30%控除を受けることが可能なので、評価額は「1,000万円×70%=700万円」になります。

(4)小規模宅地の特例により、土地の相続税評価額がさらに減額

小規模宅地の特例というのは、敷地の種類によって限度面積の部分に対して、評価額が減額されるとのことです。

例えば、事業用の敷地が200㎡の場合、相続評価額は200㎡まで5割評価となるため、時価が1億円であれば、評価額は5,000万円となります。

なお、相続税の改正により限度面積の改正もありますので、詳しくは国税庁の「小規模宅地等の特例」をご参照ください。

4、不動産で相続した場合の相続税評価額のシミュレーション

同じく1億円を現金と投資不動産で相続した場合の評価額を見てみましょう。

(1)現金1億円を相続した場合

相続税の評価額:1億円

(2)時価1億円で、評価額が4,000万円の投資マンションを相続した場合

  • 建物評価額:2,000万円
  • 土地評価額:2,000万円

相続税の評価額:2,200万円

<計算方法>

--建物--

2,000万円×0.7=1,400万円

--土地--

2.000万円×0.8×0.5(小規模宅地の評価減)=800万円

--評価額合計--

1,400万円+800万円=2,200万円

(3)結果

結果として、現金で1億円で相続した場合の評価額は不動産で相続するより「7,800万円」も多くなるということになります。

従って、不動産は相続税対策として有効的と言えるでしょう。

細かいご相談等は当社担当税理士が受け付けます


私の大好きな北海道「美瑛」、「富良野」のお花畑

021.JPG




梅雨のない北海道はこれから最高の時期を迎えます
015.JPG

毎日一万歩以上歩き続けるぞ~

先日早朝4時起き、都内の公園を歩きました

hi3.JPG
ランニングの集団がたくさんいました

hi4.JPG
バードウオッチングを望遠カメラで(カワセミは綺麗ですね)

hi5.JPG
広い公園は住民の集いの場所

健康のもと、歩くことを日課としています。

継続は力なり!

お陰様で未だ大きな病気もせず、毎日元気な生活を送っています

写真は都内最大の「光が丘公園」です。

朝早いにもかかわらず走る人、歩く人、バードウオッチングやグループで踊りやチャンバラ、集団で大笑いする集団にはこちらもつられて笑ってしまいました。

テニスの壁打ち、バスケ、野球他公園と運動場。その上バーベキューも出来るそうです。

イベントもたくさんありこんな公園が近くにあったら最高ですね


公園が自分の庭と思える高級マンション

「ルピアコート光が丘公園」

ポラスグループの設備と仕様、そして新発想・新提案があります

http://www.lifepia.jp/hikarigaoka-koen/

hi6.JPG

商業地の真ん中に住んでいる私はこんな立地と仕様、そして新しい設備のマンションに住んでみたいと思いました。

お部屋は残り少なくなりましたが、ルピアコート光が丘公園のスタッフがお待ちしています。

IMGP1246a.JPG

IMGP1244a.jpg


今日も専務とランチ

東銀座「越後屋八十吉」

http://hitosara.com/tlog_13055189/

1.JPG

歌舞伎座横



2.JPG
阪本専務と私


IMG_5803.JPG
焼き魚も美味しいけど炭火焼の岩中豚は最高!

阪本専務と出会ったのは昭和60年(1985年)


今年で30年目、本当に長い付き合いです!

その間バブルあり、リーマンショックなど語りつくせない思い出がありますが、お互いに歳を重ねて何も言わなくても分かり合えるようになりました。
朝の通勤では横浜駅で顔を合わせると何故かほっとします
専務が用事がある時はLINEで知らせてくれます

同じ人生を送るなら、ご縁で知り合った人同士がいつまでも「仲間」としていたわりあい励ましあって生きていきたいものです。

光陰矢の如し

サラリーマン生活を30年間経験して会社を興し、楽しい事、苦しい事、悲しい事等思い起こせば色々な出来事がありました。本当に時の経つのは早いものだと痛感しているこの頃です。 ただ毎日元気に穏やかに過ごせる幸せは社員、取引先、家族や友人に心から感謝の気持ちでいっぱいです。

今 自分の生い立ちから今までの自伝(少し大げさですが)を書きはじめました。
私の今までの人生はどうだったのか
又 後何年生きられるかわかりませんが、どのように生き切れば良いのかを考える様になりました。

新しいホームページになってその中に私のブログコーナーが出来ました。
かっこつけずに日記のような形式でその日に感じたことを載せたいと思います。

img2.JPG
事務所にて

img1.JPG
当社応接室

1