東京中央建物

2015年7月の記事

武蔵小杉は変わった

6e7efc1c7bc269e5214765029b4da40cd8d256ee.jpg 今武蔵小杉駅前の銀行で決済が終わりました。 2年振りに来た武蔵小杉の変貌振りには驚きました‼️ 駅ビル、高層マンションが立ち並び、街行く人々まで変わった気がします。 会社が銀座に移転するまでは上野毛の事務所から武蔵小杉駅までよく歩いたものです。 電車の乗り入れで便利になり、都内までのアクセスも良く、多摩川も近くて住みやすいのかもしれません。 さて重荷だったマンションも今日の決済でスッキリです。 このマンションは以前の会社で無理やり持たされた為に大変な思いをして毎月の返済で悩まされました。改めて今、代表として社員を苦しませる事は絶対にしないようにします。 全て反面教師としてみんなが気持ち良く働ける会社にしたいと思います。 8f7d40b36ad067b7bafda794bd56707af12dae57.jpg

今朝は虹が綺麗でした。

梅雨明けです 我が家のベランダから虹が見えました。

b1541aaab4f7a6d1bb09089f610bf47f82aee724.jpg

おっちょこちょい‼️ 暑い中社員の皆様は一生懸命頑張っている中申し訳ないのですが、私はゴルフ選手権理事長杯に参加しました。 厳しいルールの中順調に行ってたのですが、午後13番ロングホール第一打フックして、暫定球を宣言してOBギリギリのボールを打ってから、そのボールは暫定球でした。最初のボールは良い所に❗️結局自分のボールを誤球してこのホール10、スタート前誤球には注意してたのに やっぱりおっちょこちょいです。 それでもめげずに気持ちを切り替えて予選は通過しました。 準決勝、決勝では反省して頑張ります。 しかし連休中の東名高速道路は事故の連続で帰宅は夜の10時半、疲れた〜 失敗してもメゲズに頑張れば良い事があるかもしれません(笑)

東京オリンピック

d814b7ded9629c3d7eaeadf089a45aae000f91fc.jpg 新競技場が白紙になりました、他の国の轍を踏まないよう、素晴らしい競技場になると良いですね 前の東京オリンピックは高校生でした。 朝4時半に起きて牧場の手伝い、8時から会社で仕事、6時から学校で授業が終わるとクラブ活動、ライフではテレビも見られなかった その後街の映画館で観たときは感動しました。 5年後のオリンピックは元気で色んな競技場にも行き応援したいな 出来たら聖火ランナーにも応募するのも目標です。 今日は初めてスマホでブログに投稿してます 慣れないのでうまく出来るか心配です。 見にくいとは思いますが、テストブロクですのでお許しくだい。

e5224ecdb846c9ef021f27e8276e5c00399a0ce8.jpg 台風11号は未だ日本海、速度のおそい台風は今朝も我が家のベランダに風を吹き付けて居ます。 早く梅雨があけてカラッと行きたいものです。 テレビ「カンブリア宮殿」である社長さんが、1日1センチの努力をすると1年で365センチ。毎日少しづつの積み重ねが大事だそうです

葵の家紋は葉っぱだそうです。

「頭が高い~控えおろ~」と、取り出す、あの印籠に、燦然と輝く『三つ葉葵』!

この『三つ葉葵』の紋は、徳川家が独占使用権を持ってるので、皆、家紋を見ただけで「はは~」となるわけですが、この葵の花自体は、特別、目を惹くような目立つ植物ではありませんよね。
しかも家紋は葉っぱだだそうです

今朝の昭和通り

あおいの花が咲いていました

150716_01.JPG

150716_02.JPG
台風11号は大丈夫かな、被害がありませんように


昨日7月15日(水曜日)、お盆
以前は私の生まれた実家に行ったものですが、今は我が家が子供や孫にとっては実家です。

仏さんに御参りしてお食事会

150716_03.jpg
家族が集まって楽しい時間。


幸せは自分の中にあるが私の持論

楽観主義者とは「起こった現実をプラスへ受け止める人」のこと。 悲観主義者 とは「起こった現実を、マイナスへと受け止める人」のこと。 現実そのものが 問題なのではなく。 両者の違いは、受け止め方だけです。 受け止め方の違いで幸せにも不幸にも感じる のではないでしょうか

受け止め方の違いによって、目に見える現実の光景が変わってきます。

感じる幸せの度合いも、まったく変わります。

感じる幸せが変わると、表情が変わり、元気の度合いも変わります

当然ですが、幸せになれるのは、楽観主義者です。

現実を明るく受け止めた瞬間から、幸せになっています。

つらい現実も気にせず、明るく受け止めてしまうから、いつも笑顔で元気です。

落ち込まない人になるためには、楽観主義者の受け止め方を学ぶ必要があります。

これからは、楽観主義的な生き方が必要なのです。

しかし楽観過ぎて会社が傾かない様にもしなければ ()

very hot.

猛暑列島 福島・前橋・熊谷で38℃予想 熱中症に警戒

暑い夏が大好きな私ですが、慣れないのとクーラーの効いた電車や銀行から出た時はくらくらします。

銀座松屋「 ISSEY MIYAKE」は朝早くから行列

150714_01.JPG
中国パワーは凄い、何時まで続くかな~

皆さん「熱中症」には気を付けましょう


涼しい北海道富良野の写真(一昨年の一人旅より

風のガーデン

150714_02.JPG

150714_03.JPG

150714_04.JPG

150714_05.JPG

ニングルテラス

150714_06.JPG
雪子: 竹下景子がいるかも(笑)

150714_07.JPG


150714_08.jpg

真夜中の富良野で見た星空が一番印象に残っています。


高度成長と生産性

団塊の世代の私は昭和40年代高度成長を体験しました

昭和42年段ボール最大手レンゴー川崎工場に入社

初任給は15,000円前後と記憶しています

100メートルくらいある段ボールの板紙を作る機械に一チーム40人以上で、一分間で最大80メートルの生産でした。

会社はQCサークル(同じ職場内で品質管理活動を自発的に小 グループで行う活動である。全社的品質管理活動の一環として自己啓発、相互啓発を 行い、QC手法を活用して職場の管理、改善を継続的に全員参加で行うものである)を積極的に行い、又生産性運動も盛んに行い、毎月泊まり込みでの研修会

昭和45年には東洋一の新しい工場、湘南工場に転勤、会社はその後も「提案制度等」社員全員で生産性アップの努力をして

昭和50年ごろには一チーム7人、一分間に200メートルの高品質の段ボールを生産できるようになっていました。

40人が7人に80が200に

当然入社当時の給料は20倍以上

沢山の報酬を獲得するためにはボーっとしていては手に入らない

時代は違ってもどうしたら生産性をあげるかも全社員で考えたいものです。