東京中央建物

2015年9月の記事

願い事は新月に(スーパームーン)

<昨夜はスーパームーン>
夜10時にベランダに出て携帯で撮影しましたが、上手く撮れませんでした。

smoon2.JPG

街の灯りと薄い雲でぼやけています。

午前2時、再度挑戦,パワーが欲しい(笑)でも眠い

smoon3.JPG

願い事は新月にとありましたが、それよりも写真を見ると青く光っているものが!
気が付きませんでした、もしや金星かな?

金星について調べてみた
金星は太陽、月についで明るく見える天体です。金星は水星と同じように、地球の内側を回っている惑星です。地球からはいつも太陽の近くに見え、明け方や夕方に見られます。
真夜中には、見ることはできません。)明け方に見られる金星を「明けの明星」、夕方に見られる金星を「よいの明星」とよび
ます。そして、よいの明星は一番星として最初に輝きますが、金星がよいの明星でないと
きは、ほかの星が一番星になります。

さてあの青い光はなんっだたのか誰か教えてください。

私の願い事は社員や家族の健康と穏やかな暮らしです。

しかしお月様は私の小さい時から、いやもっともっと以前から夜空に・・・

自分の人生なんてほんの一瞬なのかもしれません、何故か珍しく夜中まで起きていたら複雑な気持ちでした。

やれば出来る!(省力化)

ousetu1.JPG
会社応接室

jimusyp2.JPG
事務所

ousetu2.JPG
応接室

世田谷区上野毛から銀座に事務所を移転して約2年半、色々と変わりましたが一番はゴミの量です。

以前はコンビニ弁当の空き箱やペットボトルや空き瓶など事務所の中に散乱、大きなゴミ集積箱は何時も溢れかえっていました。

ゴミを捨てるのも無料ではありません、以前は月間5万円以上とそれ以外に整理するための費用を入れると年間約70万円かかっていました。悪臭とその掃除にも人件費もかかっていました。

今は月間一万円以下です、年間10万円として7分の1

それ以上に清潔で美しい職場と応接室になりました。

(机の上にペットボトルも無くなり、コンビニ弁当も買ったお店に捨てる様にしました)

gomi.JPG
ゴミ箱

契約課で忙しい早川次長は進んで省力化に取り組んでいます。

次長は仕事でも大活躍で売主さんから絶大の信頼を頂きお客さまからも好評です.

又損害保険の相談等会社の事務方として会社にはなくてはならない存在。

Hayakawajityou.JPG
早川契約課次長

souko.JPG
倉庫

総務課長の斉藤さんです

総務だけではなく請求書関係や販売事務所の準備、ホームページや国際事業部の入力等、社員が一番頼りにしているスーパー女子社員です。

常にコストダウンを心がけ忙しい中にも倉庫の整理も進んで行い、穏やかで前向きな姿勢は会社の宝です。

saitoukatyou.JPG
斉藤総務課長

やればできる、たかがゴミ されどゴミです。

常に省力化と美しい職場で気持ち良く仕事をしましょう。

機嫌良く毎夜「晩酌」

最近は行動範囲が狭くシルバーウイークも相変わらず自宅と会社、それに家の近くのイヤスです。

社員が一生懸命頑張っている中で現場の邪魔にならないよう応援し励ますことくらい、シルバーウイークは全社員本当に良く頑張りました。

お陰様で家に帰りゆっくりと毎夜晩酌をするのが出来ます。

我が家は近い親戚で大酒を飲める人が居ません、家内も一滴も飲めずお酒は毒だと思っているようです()

ささやかな発泡酒のお変わりをするとエツまだ飲むのと言い、ニコニコしながらもう一本、そして何時も美味しいおつまみを用意してくれます。

そんなわけで昨夜の晩酌の途中で写真を撮りましたが、少しつまんだ後なので量の少ないつまみもありますが、金目鯛焼、シチュウ、薄味の筑前煮、ゴーヤのお浸しと私の好物ばかりです(私は何を食べても美味しいと好き嫌いがありませんが、結婚40年以上家内の味が一番です)

sake1.JPG

外で飲むと調子に乗って飲み過ぎ、胃腸を壊すことが多かったのですが、最近は缶ビール2本と焼酎を少々で夜も良く眠れ、今が一番健康で元気です。  

何時までも美味しい晩酌が出来る様に節制しながら、良い生活習慣にして10月の健康診断を楽しみにしたいと思います。

「営業マン」私の原点

私は昭和51年に東京東急フレックスホーム(渋谷)に営業として仕事に就きました。永福町の大型展示場のモデルルームで接客をしていました。その場では殆ど次のアポイントはとれず、アンケートを見てお客様に電話をしてアポイントを取り、お客様の土地の情報と新築する場合の条件等を聞きだし、土地の現場調査と役所関係の法的規制などを調べて、家族構成や考え方を聞きだして、規格の厳しいプレハブの間取り図を作成し、積算しての交渉は時間がかかり、又51棟の各社モデルルームにアンケートを書いたお客様は各メーカーのベテラン営業マンとの戦いは想像以上です。

簡単にはアポイントはとれません、当然アポなしの夜訪は当たり前、しかし他社の営業マンも当然同じことをしているわけですから鉢合わせは日常茶飯事でした。

また同じモデルルームには先輩や同僚が居て、お客様の接客は順番の為、数も限りがあり、結局飛び込み営業もしなければ成績は上がりませんでした。

経験の浅い私は建物そのもの説明より、お客様と親戚や友人になることを重視して話題をたくさん持って仲間になり、心を開いて本音で話し合えるように、又質問には安易に応えず明日調べてきますと再アポイントを取って人間関係を作りました。そして他の営業マンに負けない様に自費で自家用車を使い機動力を発揮して夜討ち朝駆けを実行して入社半年で東急フレックスのプレハブを250人中5位になりました。

半年が過ぎて東急の軽量鉄骨プレハブ住宅は欠陥も多く、又建築費も抑えるので殆ど素人同様な人が施工するためにクレームの連続で夜も寝ていられない程でした。

そこで親会社のマンションデベロッパーのアーバンライフに配置転換、部長さんの「マンションではなくロマンを売りましょう」の一言で新築マンションの営業マンになりました。

私の最初に売った新築マンションは「市原砂土原アーバンライフ」です。

私が入社した時は完成して一戸も売れていませんでした。

結局広告費も使い果たしましたのでモデルルームもなく、今までの問合せ客を一件残らず訪問することにしました。

新築マンションは今までのプレハブ住宅の請負契約とは違い、観て触って相手に納得してもらえるので私にとっては楽な営業に思いました。

しかし毎日都内のお客様をアポなしで訪問するのは楽ではありませんでしたが、めげずにお話が出来た時は嬉しく目黒の新婚さんをご案内が出来、その頃はもう親しくなり冗談も言い合える仲で、寝室を案内した時に「ファイティングルーム」ですと言ったらすごく受けたのは良い思い出で新築マンション第一号の契約者でした。

2人目は大妻女学園で食堂やお店を営んでいるとっても忙しい会社の社長さんで、何時も商談は女学園の食堂です、初めて若い女性ばかりの学校はむせ返るような女性の匂いを感じました()

何度も足を運び喜んで契約をして頂いた時には親戚になったような雰囲気でした。

そのマンションも大京観光が一括買い上げで最後まで担当できなかったのは残念でした。

その後会社は仲介部を作り営業としてマンションの管理人さんに目を付けて、管理の仕事は上手くいって当たり前の管理人さんは相当のストレスを感じていました。私は毎日管理人さんのところに通い愚痴を聞いたり相談役になって仲良しになり、中古マンションの売りも買いもご紹介頂き毎年相当の仲介手数料を稼いでいました。

そして新築マンションの販売代理でも夜中も営業の看板などを掲げて成功をおさめマンションデベロッパーに・・・

結局営業とは自分をさらけ出し、人と人の出会いから共感や共有の中で相手を思いやる心だと思います。そして営業で一日誰とも商談できないのは工夫も努力もしていないと自覚をすることです。

お客様はすぐ近くにいます、きっとあなたを待っているはずです。

お互いの幸せの為に積極的に人生を謳歌しましょう。生きていることは営業だから!

昔と今では営業のスタイルも変わり、そのままの営業を押し付ける気はありません

しかし営業は多くの人とのかかわりからしか成果を生み出すことが出来ません

出会いなくして営業はなし、出会いは待っていては来ません

今日は12時から銀座は歩行者天国です。

目についたのがクロネコヤマトの宅急便の人達が手押し車を引いて荷物を持っている人に声をかけていました。大企業も攻めています、お客様の為に・・・

kuroneko.JPG

政治、経済

政治

国会では安保法案が可決しました、賛成か反対の意見は控えます。

しかしこの法案にかけた時間は衆議院、参議院を含めて最長の220時間だそうです。

昨日から今朝もまだ色々と続いて本当にお疲れの事と思います。

それほど大事な法案だったと思います。

何が国益か何が正しいかは大いに議論して私たちの生活が安心して豊かに暮らせるようにお願いしたいものです。

経済

一時のデフレによる負のスパイラルで真っ暗闇の日本経済もアベノミクス等により明るい材料も見えて、帝国データバンクの大型倒産情報も以前とは大違いです。

また消費動向も安ければ売れる時代から少し高くても良いものが売れる時代になりました。

また安保法案が一段落をしたら経済活性化の対策を打ってくるはずです。

経済状況に左右する会社はどんなときにも対応できる強い会社にならなければ生き残れません。それには創意工夫とたゆまぬ努力が必要と思います。

私たちはバブル崩壊、リーマンショックと大変な時期を経験しました、しかし社員みんなの御協力で乗り越えることが出来ました。

きっと今後も試練はやってくると思いますが、心を一つにしてピンチをチャンスに変えて頑張っていきましょう。