東京中央建物

2016年11月 7日の記事

苦情とトラブル

この会社を創る前は上場会社、不動産デベロッパーの横浜支店長、大宮支店長、営業本部長を経験してきました。

支店長や営業本部長の仕事の中で苦情やトラブルのための費やす時間がとても多かったです。

又未解決は裁判沙汰になったり、多くの時間と弁護士費用が掛かりました。

トラブルの原因は些細な事からはじまって又上司にも報告をせず、報告も自分ではどうにもならなくなってからですので、感情的にも相手を許せなくなり裁判沙汰になって、多くの費用と信頼を失うことになりました。

私は当社を設立にあたり心に決めたこと

「苦情はトラブルと思い、自らお客様の声を聴くこと

お客様商売は相手を不快な思いさせた事もトラブルと思い、要請があれば何時でも面談をして 会社の誠意とこれからの対処方法の為に労を惜しみまない。」

お陰様で20年間 法廷で争うこともなく会社経営を続けてきました

又このブログをお読みいただいている方で 当社に対しご不満がある方は是非ご一報ください.

商売をしていて不満だけを残して離れて行かれるのが一番いけないことだと信じています。

月並みですが「信頼は一日にしてならず」

トラブルは出会いから生まれます、出会いの時の笑顔と明るい挨拶が出来たらきっと意見の違いが出てもトラブルにはならないと思います。

もし間違いがある時には素直に認めて素直に謝罪をする。

誠意ある態度こそ大事だと思います。

これからも苦情もトラブルの無い会社経営を続けて行きますのでどうぞ宜しくお願いします。

今頃は・・・軽井沢雲場池の紅葉

16584031_119155783_1large.jpg

16584031_119155786_1large.jpg

16584031_119155790_1large.jpg

16584031_119155796_1large.jpg

16584031_119155799_1large.jpg

撮影、三田

1