東京中央建物

狐の嫁入りか・・・

9月10日(月曜日)

長年月曜日は誰よりも早く出勤をして各現場からの報告書をまとめて幹部会議の資料を作るのが私の仕事でした。

しかし Gメールにしてから何処にいてもパソコンがあれば資料をつくることが出来るようになりました、混んだ電車に乗らずに 朝起きたら直ぐに各現場からのメールを整理して全社員に報告書を送ることが出来るようになりました。

世の中は本当に便利になりました。

また 今月の営業報告書の目標契約数は「81戸」とリーマンショック以来では最高の数字です、そして10日現在「68」戸と達成率84%です、きっと目標を達成して新記録更新をすると思います。

来月には会社創立と21年になります。

今年度は経営革新計画にも取り組み、5年先、10年先も見据えた経営にも真剣に取り組んでいます。

又 AI頭脳 RPA導入も他の企業に先駆けて導入を決めました。

良い会社にして雇用も増やし社会に貢献して、みんなが幸せになるようにみんなで考えていきたいと思います。

朝方振っていた雨も上がり 出勤途中の銀座通りは爽やかでとっても穏やかでした。

狐の嫁入りか?

IMG_9920.JPG

台風21号による災害

そして北海道厚真町の地震では多くの犠牲者と災害に対して心よりお見舞い申し上げます。

昨日は地域の防災訓練に参加をしました。

IMG_9914.JPG

マンション管理組合、理事になって

私はマンションに住んでいます、今住んでいるマンションは105所帯です。

2000年に購入しましたので、築18年になります。

マンションには管理組合があり、理事は輪番制で2年間、今回で2回目です。

前回の理事の時は管理会社を替えることで意見の対立があり大変でした。

色んな意見がありその大変さは良く分かっていましたので、なるべく要職にはつかないように心がけていました。

しかし 今回しっかりした理事長さんからのご指名で副理事長になりました。

そして しっかりした理事長さんが家庭の事情で理事長の仕事が出来なくなり、やむなく副理事長が中心になり管理組合理事会を引っ張っていく事になりました。

今までは理事長の意向に沿って言われるままに理事会に臨んでいましたが、理事長不在の今は副理事長の自分が先頭に立って理事会を運営しなければならなくなってしまいました。

改めてマンション理事会の仕事について勉強をしました。

マンション管理組合理事の仕事

1) (年間計画)と予算を把握する。

2) 理事会に出席をする。

3) 事業計画管理費、修繕積立金について考える。

4) マンションの「今」を知る。

5) マンションの「これまで」を知る。

6) 実務を知る。

7) いち居住者として少しでもマンションをよくする。

8) 管理会社を利用しチェックする。

一つ一つテーマについて提案し理事のご意見を聞き進めていく事にしました。

しかし今18名の理事が居ますが、毎回半数が欠席です、理事は理事会に出席する責任があると思いますが、人任せは良くないと思います。

それにしても任期中はしっかり責任を果たして次につなげます。

8月30日(木曜日)今日も猛暑で汗びっしょりです、明日も暑いそうです。

今年は本当に暑い日が多かったです

さて今年の2月に北海道美瑛町はマイナス20度でした、この写真で少しでも涼しくなれば良いのですが!

IMG_9066.JPG

IMG_9112.JPG

残暑厳しい中 体には十分気を付けましょう。

踊る阿呆に見る阿呆!

34回南越谷阿波踊り開催決定
824()<前夜祭>・825()26()

【開催概要】(予定)

824() 前夜祭 19:0021:00

越谷コミュニティセンター前ショッピング広場ほか

825()26()

■流し踊り / 17:10〜21:00 南越谷中央通り演舞場ほか全4会場

■舞台踊り / 14:00〜20:45 越谷コミュニティセンター大ホール・小ホール

■組踊り / 16:20〜20:45 越谷コミュニティセンター前ショッピング広場ほか

th.jpg

01.jpg

500_14419739.jpg

四国の徳島で発祥した阿波踊りが、南越谷にやってきたのは1983年。徳島県出身の中内俊三氏(ポラス株式会社 創業者)が、故郷徳島の阿波踊りの祭典を通じて、地元南越谷の人々の"ふるさと意識"を呼び起こし、地元が誇れる〝文化〟を醸成しようと提唱したのが始まりです。

1985年に「南越谷阿波踊り」が初めて開催され、3万人が集まりました。踊る楽しさが共感を呼び、祭りは回を重ねるごとに拡大し、今では約70万の人でにぎわう、越谷の夏の風物詩となっています。

協賛会社として応援をしています。

台風も去り大いに盛り上がることと思います。

二拍子のリズムに鳴り物「笛」「三味線」締太鼓」「大太鼓」「鉦」でそれぞれの個性あふれた連の踊りはたまりません!!!

最近読んだ本と近況

このまま今の会社にいていいのか?

と一度でも思ったら読む

「転職の思考法」

北野唯我著

感想は読んだ人によってそれぞれだと思いますが

転職を考えない人はいないと思います、私も最初の転職の時は大変勇気がいりました。

今 経営者になって会社を辞められると困る立場です、この本は優秀な人ほど転職を考えるそうです。

そして優秀な人が転職を考えた時に、我が社に転職をしたいと思うような会社にしなければいけないと思いました。

細かな内容については避けますが、読んで良かったと思いますし、夏休みはもっと本を読んでお勉強をしたいと思います。

今 読んでいる本

23社の破綻に学ぶ失敗の法則

「なぜ倒産」

日経トップリーダー編集、帝国データバンク、東京商工リサーチ

成功者の本はたくさんありますが。失敗した会社の話は少ないです、しかし失敗から学ぶものはたくさんあると思います。

会社は「今」分析し、「将来」をしっかりと見つめてビジョンを描ける経営者が必要だと思います。


いよいよ夏休みです。台風13号が接近した8月8日の富士山の写真です。

IMG_9891.JPG

当日は静岡でゴルフ、少し風はありましたがまずまずの天気

IMG_9893.JPG

当日のゴルフ場はキャンセルが多く、住み着いてる狸さんも餌がもらえないので呼ぶと寄ってきます。沢山いるのですが近づくと逃げました。

当日のスコアーは4オーバーの76回、最近はとっても調子が良いです。(自慢話で失礼しました)

暑さにも負けずに「今」出来ることを精一杯頑張る!!

台風と兄貴

台風13号が近づいている

明日はゴルフの予定が入っているのに、直撃でなければ涼しくて良いかもしれないと楽観をしています。

台風と言えば私は兄を思い出します、農家をしていた兄は気象には詳しく18歳年上は経験も豊富で、台風の進路で風向きや雨の予想など詳しく、防災対策も的確でした。

近くに利根川が流れていましたので、大きな台風が来るたびに洪水の危険があり、家の一階のものを2階に運び上げたり、雨戸を釘で打ち付けたり、その対策は何時も兄が中心になり指示を出していました。

又楽しい思い出として

利根川が増水した時にたくさんの流木をロープの先に重りを付けて引き寄せて耕運機に載せて帰ったこともありました。

又 利根川の増水で岸に逃げて集まった魚を網ですくった、とても危険な魚とりでした。面白いように魚が捕れました。

兄の予報は的確とはいえ今考えると危ないことをしたと、ぞっとします。

台風は進路の左側は「風台風」と、進路の右側は「雨がたくさん降り」危険だそうです。

又 気圧配置で進路を予想した兄も 今はいませんが、台風が来るたびに私は兄を思い出します。

今月は田舎の「地蔵祭り」です。この時期は何時も田舎を思い出します。

お地蔵さんにろうそくを挙げてお参りするのですが、今の私はボケないように頭にろうそくをかざしてもらおうかな(笑)

兄貴の民謡に私の尺八で伴奏

16584031_118534983_1large.jpg

« 前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11